烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

池袋での仕事の帰り、相方を誘って、ヤキトンの名店の新潟屋へ。
東十条の跨線橋
DSC_1072
瓶ビール(大瓶、600円)、煮込み(300円)と刺し物2種(タン、レバー、300円×2)。
煮込み、大ぶり、さっぱりとした味付け、美味しい。
刺し物、新鮮で、大変美味しい。
DSC_1073
有名なグラスです。
ハイボール、ハイサワー等の飲み物は350円で均一で、グラスに区別を付ける必要はないのですが、確かに謎です。
DSC_1076
ヤキトンは1本、100円です。
シロ(タレ)、チレ(塩)、カシラ(味噌)。
DSC_1075
レバー(塩)とナンコツ(塩)。
DSC_1077
たっぷりと楽しみました。
御馳走様でした。
東十条の駅から新潟屋行く途中に行列のできている和菓子屋があり、帰りにもまだ行列が。
「本日黒松あります」という張り紙が。
草月という和菓子屋で、その黒松(105円)を買いました。
1384519720221
どら焼きでしょうか、美味しいですね。
デザートに丁度良かったです。
御馳走様でした。
DSC_1078


本日は朝4時30分に起きて、私の両親の墓参りと次女の下宿先へ荷物運び。
帰る途中に、久しぶりに角上魚類の柏店に寄ることに。
せいこ蟹(香箱蟹、350円×2)、生食用牡蠣(350円)、帆立稚貝(157円)。


image
蒸せいこ蟹、生牡蠣、帆立稚貝酒蒸し、オイルサーディンの長葱合え、茹でロマネスコ、茹で小松菜、柚子焼酎ハイボール。
せいこ蟹は内子、外子が楽しめました。
帆立稚貝はふっくらした蒸し上がりで美味しかったです。
御馳走様でした。

東葛印旛大師霊場その2です。
本日は白井市の辺りを中心に廻ります。
自宅(07:35)⇒白井市運動公園(08:25)
DSC_1050

第52番 平塚東区集会場(白井市平塚)
アルブレイズK号とH号
DSC_1051

第65番 84番 延命寺(白井市平塚)
印西大師の第54番、白井七福神の大黒天で、これで3回目です。
DSC_1052

第25番 向台薬師堂(白井市平塚)
東葛印旛大師霊場マップで「判り難い」とありましたが本当に判り難い、神社の中で番号無し、石碑も無し、でした。
DSC_1053

第37番、45番 稲荷神社
DSC_1054

四国八十八箇所のお砂踏み
お砂踏みを調べてみると、「お砂踏みとは実際の霊場の砂を持ち帰り、ミニ霊場の順路の足元の地中に埋めておくという方法である。甲子園の砂のお寺版みたいなものである。」というようなことらしいです。
DSC_1056

足の置き位置でしょうか。
DSC_1057

第5番、35番 円林寺(白井市名内)
DSC_1058

第8番 如意輪寺(柏市藤ヶ谷)
image

第8番の横に、番外の鯖大師がありました。
鯖大師をネットで引くと、
伝説に拠れば、平安時代初期の弘仁年間(810年 - 823年)に空海が八坂八浜を訪れた際に、行基手植えの松の下で野宿し行基の夢を見た。
そこを塩鯖を馬に背負わせた馬子が通りがかった。
空海が塩鯖を所望したところ、馬子は口汚くののしり断った。
坂にさしかかったところで馬が急に苦しみ動かなくなった。
慌てた馬子は先ほどの僧は巡錫中の空海に違いないと思い、空海に鯖を差し出し馬を治して欲しいと懇願した。
空海が加持水を馬に与えたところ、馬はたちまち元気になった。
また、空海が法生島で先ほどの塩鯖に加持祈祷を行い、海に放ったところ塩鯖は生き返り泳いで行った。
これに感服した馬子空海の弟子となり、この地に小堂を建て行基の像を祀り「行基庵」と名付けた。
また「鯖瀬庵」とも呼ばれた。
空海が加持祈祷を行った海岸は鯖瀬と呼ばれている。
ということで、鯖大師も東葛印旛大師霊場に移した、ということでしょうか。
DSC_1061

第26番、46番 持法院(柏市藤ヶ谷)
DSC_1060

第24番、55番 西林寺(白井市富塚)
DSC_1062

梨園の小道、白井市は梨栽培が盛んです。
DSC_1063

第17番 矢ノ橋台の共同墓地(柏市藤ヶ谷)
DSC_1064
 
本日はこれにて終了。
14番廻りました。
今回走行距離:21.4km
東葛印旛大師霊場累計:39.7km
総走行距離:2,001km
2.5年で2,000kmですか、結構走りましたね。
白井市運動公園に戻る道。
DSC_1065

お昼は、本日もカレー。
ポタリング後の昼食の定番になりそうです。
お店はアルヌール(白井市河原子)です。
表通りから入った道の奥にありました。
店の表から想像できないくらい、店内は広くて、落ち着いた感じです。
DSC_1067

Aセット(豆カレーで、700円)、Bセット(マトンカレーで、800円)とナン1枚お代わり(100円)。
サラダと飲み物(ラッシーとマンゴーラッシー)
DSC_1066

カレーとナン
DSC_1068

カレーはスパイシーで複雑な旨味があって、大変美味しい。
ナンもパリパリでカレーに良く合います。
最近食べたカレー店では一番ですね。
御馳走様でした。

町内会で、日光と渡良瀬渓谷の日帰り旅行へ。
町内会の旅行というのは初めてです。
出発(07:30)⇒谷和原インター⇒佐野SA⇒いろは坂⇒中禅寺湖⇒華厳滝(11:10)⇒日光グリーンホテル(12:40~13:30)⇒日光おかき工房⇒通道駅(16:05)⇒トロツコ列車「わっしー6号」⇒神戸駅(16:36)⇒北関東道⇒東北道⇒外環⇒常磐道⇒到着(20:30)
中禅寺湖、窓から一瞬でした。
image

男体山、良いお天気です。
image
 
華厳滝
エレベーターで滝の目の前に降ります。
例年に比べて水量が多いそうで、迫力があります。
image

お昼です。
湯葉料理が3種類、その他色々で、美味しく頂きました。
御馳走様でした。
image

渡良瀬渓谷鉄道の通洞駅
image

40数年前、高校生の時、新聞部なぞというクラブに所属して、足尾銅山に取材に来たことがあります。
国鉄で中野から桐生(東北線から両毛線?)、桐生から足尾線に乗り継いで、えらく遠くに来たものだと思いました。
通洞の商人宿に泊って、翌日は足尾銅山から松木沢まで行って写真をとりました。
懐かしい思い出です。
トロツコ列車わっしー6号
image

車窓から
image

普通の列車とすれ違い
image

長いトンネルでイルミネーション
image

神戸駅の陸橋の上から
image

神戸駅
image

駅舎、待合室、等の雰囲気はなかなか素敵です。
それに多くのお客さんに来て貰いたい、楽しんで貰いたい、という一生懸命さが感じられますね。
さて本日のイベントはこれにて終了、一路帰宅の途、茨城へ。
充分楽しみました。



笛吹川フルーツパーク(06:40)⇒柳沢峠⇒道の駅「たばやま」⇒奥多摩湖⇒青梅⇒入間⇒国道16号⇒野田⇒自宅(14:00)
柳沢峠の手前の紅葉
image

道の駅「たばやま」
image

狭山辺りのローソンで、ガリガリ君リッチ シチューを。
まあ美味しいのですが、コーンポタージュの方が好み、かな。
image

道の駅「庄和」
野菜を調達。
秋刀魚のつかみ取り(レシート500円分と100円)に並びました。
10匹ぐらいゲットしている人もいます。
並んだのが遅くて、つかみ取りは終了して、もれなく5匹となりましたけど、充分です。
今夜は秋刀魚三昧!!
image

パスタが食べたくなって、2軒一杯で振られた後、取手のカンパーニャで少し遅い昼食。
ここも混んでいます。
三連休の最後の休みのお昼で外食が多いのでしょうか。
フィットチーネのカルボナーラ(989円)
image

アマトリチャーナ(899円)
image

ボリュームたっぷりで、お腹一杯になりました。
御馳走様でした。
さて、無事帰宅しました。
走行距離、458km。
軽油51lで燃費は9.0km/lでした。
下道だけてすのでなかなか優秀ですね。
カヌー、ハイキングもどき、ポタリングと盛り沢山でした。
次は何処に行きましょうか。
おまけ
秋刀魚三昧の夕食
塩焼き、刺身と締め秋刀魚、煮付け、団子入りの土瓶蒸し、でした。
御馳走様でした。
image




秩父・甲州の第2日目です。
大滝温泉(07:45)⇒西沢渓谷(08:50~10:40)⇒甲府市役所⇒奥藤本店(12:50~14:00)⇒甲府市役所⇒笛吹川フルーツパーク・ほったらかし温泉(16:50)
雁坂峠への途中の風景
image

雁坂峠はトンネルで、あっと言う間でした。
笛吹川の西沢渓谷を散策することに。
吊り橋を渡ります。
image

吊り橋から見た鶏冠山(?)
image

三重の滝、水の色が見事です。
image

相方撮影
image

おまけに私の撮影
image

この上にまだまだ続くのですが折り返すことに。
1時間半くらいで良い運動になりました。
西沢渓谷から少し下って、広瀬湖(ダム)の湖畔。
image

綺麗に色付いています。
image

甲府でお昼とポタリング。
相方とアルブレイズK号。
image

奥藤本店で、蕎麦セット(1180円、もりと鳥もつ煮)とたぬき(850円)。
行列で30分ぐらい待ちました。
甲州の鳥もつ煮はB級グルメで有名ですね。
もつは、肝、砂肝、心臓、キンカン、濃い味付けでご飯に合います。
ボリュームもたっぷりで、お腹一杯となりました。
御馳走様でした。
image

笠富士、天気は悪くなるのでしょうか?
image

舞鶴城公園
image

本日の温泉は「ほったらかし温泉」。
山梨市の山の上にあって露天風呂から夜景が見えることで有名です。
image

本日の夕食は寄せ鍋。
洗い物が少ない鍋物はキャンピングカーの旅では定番になりそうです。
image

雨が振り出しました。
笠富士の予報が当たりましたね。

Ξ連休に秩父から甲州へ。
自宅(07:30)⇒道の駅「アグリパークゆめすぎと」(09:00、朝食)⇒さいたま水族館(10:30~12:00、カヌー)⇒道の駅「おがわまち」(13:30、お昼)⇒定峰峠⇒道の駅「大滝温泉」(16:30、入浴・P泊)
道の駅「アグリパークゆめすぎと」
image

朝食、ご飯と豆腐の味噌汁。
どういう訳か北海道産の牛肉と葱を買いました。
今日はすき焼きですね。
image

さいたま水族館でカヌーに乗ります。1500円/1時間。
7月に草津温泉の帰りに寄って、秋になったら来ようと思いました。
簡単なレクチャーを受けて、出発です。
image

カヌーに乗るのは何年ぶりでしょうか。
少し漕ぐと思い出しますね。
image

鴨の飛び立つところを写真で撮ろうとしてトライしますが、なかなかうまくいきません。
相方撮影、最後の一枚。
image

自由に漕ぎ回れて、楽しかったです。
そうそう、カワセミもいました。
水族館入口の紅葉。
image

道の駅「おがわまち」でお昼。
image

カレーうどん(700円)、肉汁うどん(600円)、かき揚げ(200円)。
もっちリした食感で美味しいうどんです。
カレーうどんは、蕎麦屋さんのカレーではなく、ちょっと本格的なカレー風。
ご馳走様でした。
image

40年振りで定峰峠を越えて秩父、大滝温泉へ。
駐車場のスワロー(Swallow)。
image

大滝温泉、つるんとした泉質。
image

風呂上がりのビールが美味しい、キャンピングカーの良いところです。
本日の夕食はすき焼き。
ご馳走様でした。
image



午前中、日本橋で仕事があり、八丁掘の「あさだ」でお昼を頂くことに。
普段はお弁当なので外食は久々です。
image

創業120年の老舗ですが、余り知られていませんね。
昔、この近くに勤めていて時々来ました。
天もりの大盛(950円)。
image

茶蕎麦なのですが、その由来は「終戦直後、食糧事情が悪くてそば粉も粗悪なものしか入手できなかった混乱期、少しでも旨く食べてもらおうと蕎麦を打つ際茶の粉を入れた。それをそのまま続けてきた。」ということらしいです。
辛口の汁に貝柱のかき揚げと三つ葉。
こつこつとした歯応えと喉越しの良い茶蕎麦がたっぷり。
十数年振りに食べましたが美味しく頂きました。
御馳走様でした。

昨日に引き続き長女の画像を拝借。
札幌の紅葉は、今が盛りのようです。
この黄色は何の木でしようかね。
image

北海道の紅葉は鮮やかですね。
image

さて
image

「わんこのしっぽまで色づく秋である 」

このページのトップヘ