烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

素晴らしい秋晴れ。
お弁当を持って外で食べることに。
木陰で食事。
image

image

いくらは生の筋子を解して漬けたものです。
298円/100gととても安かったので、久々に作ってみました。
高コレステロール血症の身には・・・。
そのまま散歩に。
トラスティ東京ベイの裏側の運河へ。
image

此方にきた時に一度入ってみたいと思いましたが、多分ないかな。
image

運河沿いの道へ。
image

運河沿の道。
image

image

image

水は澄んでいて、綺麗です。
image

image

image

本日の散歩の歩数:3,000


ー守谷の奥、常総運動公園から滝下橋辺りを散策。
公園から鬼怒川の土手を目指します。
image

土手から常総運動公園の野球場。
image

土手から鬼怒川の水面が覗きます。
image

土手を行きます。
image

滝下橋を望む。
image

滝下橋の袂の清瀧寺の境内で見つけたもの。
image

新四国大井沢霊場の一番のお堂。
此処にも八十八箇所がありました。
image

6箇所で88箇所が設置されているとのこと。
NETで引いても漸く1つのBlogで紹介されている程度です。
吉橋組大師の後に廻ることにしましょう。
何処までも続く八十八箇所。

滝下橋は9月8日の交通事故のための損壊で通行止めになっていましたが漸く一部分開通となりました。
image

橋の上から下流を望む。
利根川との合流点から4km程上流となります。
テトラポットの設置(川幅半分)で瀬が出来ていますが、川くだりには支障がなさそうです。
此からは、カヤックで下れるかどうかというような目で川を見てしまいそうです。
橋を渡って対岸より。
image

柏の竹やぶの暖簾分けの「鬼怒川竹やぶ」のようです。
一度訪れてみたいと思っていますが、未訪です。
新四国大井沢霊場の結願で訪れましょう。

傍の清瀧香取両神社の扁額とスズメバチの巣、生きているスズメバチの巣を見たのは初めてです。
このような2つの名前を付けた神社も見たことがありません。
image

古滝下橋を渡り返して行くと、古めかしい構えの「大八洲開拓農業協同組合」が。
image

どのような組織かと思い、NETで引くと、1946年に満州の引き上げ者が菅生沼辺りに入植して開拓をはじめた際に開設され現在も存在する農業協同組合、とのこと。
68年の歴史があるのですね。
大八洲(オオヤシマ、日本)と古風な名前
は、満州での名称「大八洲開拓団」からのようです。

さて、運動公園方面を目指して、畑に降りていくと、蕎麦の花が満開。
最近、麦、蕎麦の栽培をよく見掛けます。
需要が多いのでしょうね。
image

本日の散歩の歩数:11,500
歩行距離:8.7km
よく歩いたご褒美にラーメンを。
昨日もご褒美で、乱発気味で気を付けなくては。
家の近くに開店した「はざま」です。
image

限定のつくば鶏丸一羽のスープ(表現は?、800円)
見た目に違わず、すっきりした鶏の旨味と醤油が立った味わいに少し焦がしたような風味が加わっています。
麺も幅広の手揉みで食感が良く、2種のチャーシュー(豚と鶏)、メンマも良し、でとても美味しい。
image

つけ麺+中盛り(750+50円)
image

つけ麺も同様に美味しく、トッピングの岩海苔を加えると味が変って面白い。
+50円の中盛でボリュームも満点です。
ここ最近のラ一メンは、筑波の「名無し」、羽鳥の「華丸」とヒット続きですね。
御馳走様でした。

久々の吉橋組大師講八十八ヶ所巡礼その4で、本日は八千代市、船橋市、白井市辺りを廻ります。
その前に「道の駅やちよ」で野菜を仕入れに。
image

開店前で行列が。
新鮮で安くて人気があります。
image

大根、葱、胡瓜、茄子、ピーマン、菠薐草、おくら、甘唐辛子、冬瓜を購入。
image

船橋県民の森の駐車場に車を停めました。
image

鈴身神社
image

第28番 鈴身神社(船橋市鈴身町)
image

第8番 蓮蔵院(船橋市鈴身町)
image

第56番 地蔵堂(八千代市神保町)
image

野の仏と彼岸花。
image

第43番 八幡神社(船橋市鎌ヶ谷)
image

第54番 長福寺(船橋市八木が谷)
image

第44番 三咲神社(八千代市三咲)
image

ミニストップでベルギーチョコソフトのミックスを頂きました。
image

濃厚で美味しい。
御馳走様でした。
第64、65番 光明寺(白井市復)
image

本日は8箇所を廻りました。
本日走行距離:23.1km
累計走行距離:2625km
お昼は、白井町のインド・パキスタン料理のアルヌールへ。
チキン(800円、辛)、ダル(700円、普通)を頂きました。
image

image

アルヌールは今回で5回目で、 ポタリングの後のカレーは定番で色んなカレー店行きましたが複数回はここだけです。
何時もながらとても美味しい、御馳走様でした。





車体(カムロード)の1年点検と右後部のぶつけた跡(北海道からの帰りで1回目:私、伊豆の旅で2回目:私、千葉外房で3回目:相方)の修理で自宅のすぐ傍の自動車の整備工場にプチ入院。
漸く帰ってきました。
綺麗に修復されて、跡形もありません。
さて、ぶつけないように気を付けなくては。
image

本社(日本橋)で会議。
東京駅方面で用事があり、お昼はいってみたかった立ち食いそばの「よもだそば」へ。
image

蕎麦と天麩羅良し、カレーも本格的なので、半ためきそばとカレーのセツトが良いのでしょうが、特大かき揚げ天玉そば(410円)を頂くことに。
image

image

そばは蕎麦の風味があり、かき揚げも玉ねぎの旨味がたっぷりで、美味しく頂きました。
この写真で、かき揚げが写っているのは1/2位で、本当に特大のかき揚げです。
さて、日本橋には立ち食いそばの名店が結構ありまして、機会があれば廻りたいと思います。

さて午後の会議も予定通りに進行して(珍しく)、懇親会へ。
image

写真なし。
これにて本日のイベントは終了。
関係各位、大変お疲れ様でした。

/自宅(13:30)⇒権現堂公園(14:45)⇒(16:00)⇒自宅(17:30)
朝、徳山から移動で12時50分に帰宅。
埼玉県幸手市の権現堂公園の彼岸花が盛りとのことで訪れることに。
image

4月の桜と菜の花、6月の紫陽花、今日の9月の彼岸花を観て、後は1月の水仙で一通りとなります。
鮮やかな赤
image

白い彼岸花
image

image

image

image

image

ピンクの彼岸花
image

100万本の彼岸花だそうです。
見事の一言。

近くにJAの販売所があり、30℃と暑くなったのでソフトクリームを頂いて、野菜を調達。
image

image

帰り掛けにある三代目茂蔵で豆腐、ジョィフルホンダのジャパンミートで鰹を。

徳山市に出張。
宇部空港
image

仕事は何時ものように冷や汗をたっぷりかいて、何とか終了。
街中で慰労と懇親の一席。
五間や」角島の活けの特牛烏賊(こっといいか、剣先烏賊)を頂ける店でした。
image

釣ってきて活けの槍烏賊は食べたことはありますが、剣先烏賊は始めてです。
甘味がとても強くて美味しいですね。
一杯、4,000円弱と高価です。
その他、海の幸満載の料理と獺祭の三割九分(ヒェ~)をじゃぶじゃぶと超豪華な晩餐となりました。
昼に続いて冷や汗がたら~り。
大変御馳走様でした。(画像無し)
さてホテルに帰る途中、飲み屋街をふらりふらり。
image

image

image

夜が待ち遠しい」ならストライクな店構え。
image

歩き廻って喉が渇いて屋台でビール。
まあ良いでしょう。
image

image

image

御馳走様でした。


午前中、私は有明の事務所で用事、相方は青山ファーマーズマーケットを見物&買い物。
牛込柳町で待ち合わせて「気まぐれギャラリー風花」へ。
前回お邪魔した時」、次は店に置く白ワインの候補品の試飲を相方と、とお誘いを受けて。
牛込柳町の駅横から瑞光寺の脇の小道。
image

お彼岸で線香の香りが。
image

路地を。
image

更に路地を。
image

気まぐれギャラリー風花のエントランス
image

大谷石の石壁と蔦とビールの空き瓶がいい感じです。
image

オクトーバーフェストビール、渇いた喉に美味しいです。
image

4本の白ワイン、皆シャルドネとのこと。
image

向って右から2本目は今まで置いていたシャルドネで後の3本が候補品です。
どれも美味しいのですが右のDON DAVID(アルゼンチン)が一番気に入りました。
お互いの近況、美味しいつまみ、食事まで頂きまして、楽しい一時を過ごしました。
御馳走様でした。
さて趣向を変えて次回の予定、楽しみにしています。
<おまけ>
青山ファーマーズマーケットのお土産、大黒茄子と葡萄。
image


昨年の10月4日にスワローが我家に来て、名前をつけようと思っていました。
ツバメの外国語、星の名前にしたかったのですが良いものが見つからず、1年が経とうとしています。
候補2つからの選択。
 北極星:ポールスターorポラリス
 昴:プレアデス
ポラリスはICBMに使われていたので(古い!!)却下。
星としては北極星は地味で昴はとても個性的で好き。
ついでに私の星座(牡牛座)の中にあります。
ということで、少々言い難いのですが、「プレアデス号」にしようと思います。
昴、プレアデス、 Pleiades
⇒プレアデス星団[3](プレアデスせいだん、Pleiades)は、おうし座の散開星団である。メシエ天体としての名称はM45。和名はすばる[3]。
image

プレアデス号、2013年10月、北海道の朱鞠内湖
image

隊長(相方です)! 如何でしょうか?
う~んという隊長ですが、ほとんど好きにしたらというレベルで承認。

このページのトップヘ