烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

日本橋の本社で会議の後、「 ニューカヤバ 」で一杯。
18時入店で、一番混んでいる時間ですね。
エビスの生(X2)とつまみ4品で、2,100円。
「昼間っから晩杯屋」より料理は高めですが、飲み物は1杯100円からと激安なので、いい勝負ですね。
image

魅惑のディスペンサー、チューハイやホッピー用の宝焼酎、1杯100円。
ホッピーの外が250円、中(焼酎)は100円ですので外1中3で、何と550円。
image

気合いが入ってしまいました。
この後、梯子2軒で、恐ろしい晩となりました。
まあ、年に数回(?)はよいでしょう。

//今日は時間がなく事務所の周りをグルグル3回。
Panasonic Center TOKYOの植栽を。
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その1
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その2
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その3
image

花はキンポウゲに似ていますが。
image

金魚草の仲間?
image

これはラベンダーだ!
image


喜多方(08:30)⇒大内宿(10:00)⇒取手(17:00)
昨日、他人の会話が
「お薦めの朝ラーの店は?」
「喜一が良いですよ。」
と聞いてしまいました。
禁断の朝ラーですが、行くしかないでしょう。
喜一」の店構え、ラーメン店には見えません。
image

満席で30分程待ちました。
店内はラーメン店というよりレストランのようです。
塩ラーメン(500円)
image

醤油ラーメン(500円)
image

美味しいです。
昨日のSIO-YAと甲乙付け難い。
これで500円とは、素晴らしい。
ご馳走様でした。
本日は大内宿を見物、小野上温泉で一風呂浴びて、一路帰宅の途へ。
大内宿には小一時間で着きました。
大内宿その1
image

大内宿その2
image

大内宿その3
image

大内宿その4、きんつば
image

大内宿その5、橡餅大福
image

大内宿その6、茅の葺き替え中
image

大内宿その7、
上から大内宿をみると茅葺き屋根が見事です。
image

小野上温泉の「星乃井」へ。
画像、NETより
image

内湯
image

露天風呂
image

こじんまりとした風呂ですが、掛け流しで、気持ちよく、ゆったりと浸かりました。
500円は安いですね。
道の駅たじまで休憩。
今年最後の桜です。
image

白い花と赤みがかった花が混ざっています。
image

快調に走行して、山王峠を越えて栃木県へ。
那須の「信吉」でお昼を。
image

十割、寒ざらし、の幟に惹かれてしまいました。
突き出し、こごみ、筍と葉山葵。
image

ざる(寒ざらし、800円)、蕎麦セット・漬け丼(1,050円)
image

寒ざらしは始めて食べます。
こし、ぬめりが強く、蕎麦の味が濃いように感じました。
ご馳走でした。
国道4号線、国道294号線を経由して取手へ。
今回の旅は、カヌー、ポタリング、菜の花見物、山菜採り、朝ラー、温泉と盛り沢山でした。
燃費を計算したら10.1km/L。
全て下道で、少し良過ぎのような?。
計算間違いはないのですが・・・。
走行距離:564km
使用軽油:55.6L
燃費:10.1km/L

おまけ
こしあぶらと山独活の天ぷら、プラス冷凍槍烏賊他。
とても美味しい。
image

道の駅しもつけ(04:00)⇒曾原湖(07:50)⇒喜多方(13:45~16:00)⇒三丿倉(16:30~19:15)
⇒喜多方(19:30)
下道で裏磐梯へ。
国道4号線を快調に走って、白河で国道274号線、県道で猪苗代湖に。
image

朝靄がかかっていましたが、晴れて磐梯山が。
image

曾原湖で体験カヌー(9時集合)を予約していますが、まだ時間があるので五色沼に寄ることに。
毘沙門沼、絵に描いたようなエメラルドグリーンです。
image

水辺におりたら、
image

鯉が寄って来ました。
image

曾原湖の「もくもく自然塾」でカナディアンカヌー体験(午前のコース、2名1挺で、5,400円/1挺)を。
image

昨年の秋以来のカヌーです。
参加者は私達2人だけで、インストラクター(もくもく自然塾主宰の清水秀俊さん)から簡単な説明を受けて、曾原湖を時計回りに1周します。
清水さんははカヤックに乗って、先導、また色々と話をしてくれます。
裏磐梯、曾原湖のこと、その他諸々、話上手で、とても面白い。
image

緑が眩しい。
image

湖畔の別荘
image

休憩のために着岸。
image

休憩。
image

休憩役は岸寄りにカヌーを進めて、曾原湖の一番奥(北)に向います。
image

時折風が吹いて漣が立ち、全く無風の鏡状態まではいきませんが、とても気持ちよく漕げます。
image

岸部のシロヤナギ等の新芽の淡い黄緑がとても綺麗です。
image

撮って貰った写真その1
image

撮って貰った写真その2
image

曾原湖1周、約2時間、澄んだ水、、新緑、磐梯山、とてもゆったりと曾原湖のカヌーを楽しみました。
ペンションもくもくに戻ってお茶をご馳走になり、山菜(山独活、こしあぶら、こごみ、ノビル)も頂きました。
こしあぶらは一度食べてみたいと思っていたところで、またこしあぶらの見分け方も教わりました。
清水さん、とても楽しく過ごし、また大変お世話になり、有り難うごさいました。
さて、早朝に小さなおにぎり2個で、お腹が空きました。
山塩ラーメンの「SIO-YA」(福島県耶麻郡桧原)へ。
これも清水さんのお薦めの店です。
image

店内(桧原歴史博物館の一角)
image

塩ラーメン(650円)赤玉(750円)。
image

見た目の美しさに違わぬ美味しさ。
スープは複雑な旨味と適度な塩味と甘味を含み、麺は平打ちでもちっとした歯応え、チャーシューはバラ肉の長短で歯応えを残しつつ柔らかく、シナチクはぱりぱりとした食感。
唐辛子が主体の調味料の赤玉を崩しながら食べ進むと、辛味が加わり、味の変化が楽しい。
私は余りに塩ラーメンは好きではないですが、これは気に入りました。
ご馳走様でした。
喜多方に移動して、蔵並木を街中をボタリングします。
喜多方ポタリングその1
image

喜多方ポタリングその2
image

喜多方ポタリングその3
image

喜多方ポタリングその4
image

素敵なキャッチに思わず店内に。
竹籠(950円)を購入、喜多方在住の方の作だとのこと。
image

喜多方ポタリングその5
駄菓子屋さんで、胡桃入りゆべしを購入。
image

奥に囲炉裏付きの蔵。
image

喜多方ポタリングその6
素敵な商家
image

喜多方ポタリングその7
素敵な横丁
image

1時間半、5kmのポタリングでした。
本日の3つ目のイベント、喜多方の北部の三ノ倉スキー場菜の花畑へ。
三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その1
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その2
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その3
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その4
image

スキー場で蕨取りをしたり、駐車場で頂いた山菜の下拵え、スーパーで購入した身欠きにしんと山独活の炊き合わせ等をして、夜の部、ライトアップへ。
三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その1
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その2
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その3
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その4
image

昼と夜、また雰囲気が変ってよいですね。
楽しみました。
本日の夕食。
image

「身欠きにしんと山独活の炊き合わせ」と「馬刺」と会津の食べ物、「茹で物(アスパラ、かき菜、うるい、こごみ)」、ご馳走様でした。


 オーストラリアのシドニー郊外に住む知人のblogから拝借。
image

「対岸に何故かキリンの群れが見えてきました。」
image

「近づいて見ると・・・、大きなクレーンの群れでした。」
傑作です。
Sydeyの南20km位にあるBotany bayにある La Perouseというとこからの景色らしいです。
blog「Cafe De Forest」から

朝から強い雨。
だんだんと風も出てきました。
image

昨日の昼の散歩で見かけた花その1。
image

昨日の昼の散歩で見かけた花その2。
image

アップです、何の仲間でしょうかね。
image

今年はよく花を観ました。
大して広くないところに思いの外、多くの花が咲いています。
ちょっとした発見ですね。
本日(昨日)は5000歩の散歩でした。

昨日(5月19日)のことです。
勤め先の同僚に誘われて、一杯となりました。
マル」で待ち合わせ。
昔日本橋の本社に勤めていた時、何度か行ったことがあります。
1Fは酒屋(酒販店)と立ち飲み、2Fはカウンター席、3Fは個室(行ったことがありません)のようです。
バルブームの先駆けの店で、お酒は販売価格+500円でサーブ、食べ物も500円前後が多いと、とてもリーズナブルです。
店内の写真撮れず、店の外観だけ。
image

お酒5杯、料理3品で2,500円ぐらいでした。
ご馳走様でした。
もう少し飲んで、軽く食事して帰ろうとなりまして、京橋の「更科丸屋」に案内して貰いました。
ビル街の横町にひっそりと在ります。
image

晩酌セット、日本酒一杯とつまみ数品とせいろ蕎麦で1,500円。
セットのポテトサラダ。
image

セットの蕎麦味噌。
image

セットの鴨ロースの燻製といたわさ。
image

別注の鰯刺身。
image

セットのせいろ蕎麦
image

つまみも鰯刺身も美味しく、端正な蕎麦も佳し、でした。
追加の日本酒3杯(片口に結構な量)で、都合6,000円くらい。
良い店ですね。
有明に在ったら、通いそうです。
ご馳走様でした。
早い時間に、ほろ酔い程度で帰れました。

このページのトップヘ