烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

仁木町(09:00)⇒岩内(10:00)⇒赤井川温泉(14:30)⇒仁木町(15:30)

北への旅第7日目(6月17曰)
今日は仁木町の山荘に終日滞在です。
朝練で、昨日ヤマベの新子釣りでボウズだったのでリベンジです。
夜半の雨で笹濁りの例のポイントでやっと5匹、ほっとしました。
今日は午前中に岩内港に波止釣りへ。
投げ釣りで鰈、ブラーで根魚狙いです。


さて山荘を出発して数100m行ったところのヒグマ用の「はこわな」に人だかり。
まさか⁉️と思ったけど、そのまさかでヒグマが掛かっていて遠目でもはこわながガタガタ揺れています。
ハンターがライフルを構えて発砲、仕方がないとはいえ、可哀想な・・・。
北海道は何処でもヒグマが出る、を実感しました。

DSC_3444
DSC_3440
DSC_3443
 さて岩内港の波止釣り、風も少し強く、渋い。
YI師匠がクジメのような魚、相方がカジカのような魚をあげ、私は例によってボウズ。
小さいけれど美味しそうだったのでクーラーへ。DSC_3447

 DSC_3445

今日の温泉入浴は、赤井川温泉カルデラの湯(400円)。

浴室の写真はNETから拝借。

akaigawaonsen10
akaigawaonsen8
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)・加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:56.6/43and41・無色透明・無臭・無味・ツルスベ・立ち寄り湯系。

気持ち良くゆっくりと温まりました。

山荘に帰って、私は料理の担当で、YI師匠と相方は食材調達へ、「新子5匹では足りん」と相方、ついでに山独活の穂先も。

DSC_3450

 DSC_3454

結果は、相方が立派な塩焼きサイズを、ううう・・・私は当分立ち直れそうにありません(T_T)。

DSC_3459

今日も自家調達の海の幸、山の幸満載の宴会。

昨日の蕨は重曹の熱湯に一晩漬けて、灰汁抜き。

DSC_3449

今日も山独活
DSC_3455

クジメのような魚とカジカの類いの魚(何れも手の平サイズ)の姿作り(^o^)v
DSC_3457

蕨のお浸し
DSC_3461

山独活の天婦羅
DSC_3460

ヤマベの新子の天婦羅
DSC_3462

ヤマベの塩焼き

DSC_3463
低温調理の牛腿肉と豚の肩ロース

1529293170010

ゆっくり楽しんで、9時過ぎにはバタンキューでした。




東大沼キャンプ場(06:20)⇒仁木町(13:00)

北への旅第6日目(6月16日)
東大沼キャンプ場の駐車場、土曜日の朝ですが、車が大分増えてきました。

先ず今日は大沼から仁木町へ移動します。

朝食はセイコーマートで中食。

セコマ名物の110円のスパゲッティシリーズ、朝食にぴったりです。

DSC_3407

 途中、尻別川ラフトコースの出艇・上陸場所を偵察。

出艇場所の中野橋の駐車場。

高校生のラフティング体験の団体でごった返していますが、ウィークデーは人出は少なく、駐車もOKとのこと。

DSC_3408

流石に尻別川、水が綺麗で、水量も良さげです。
DSC_3410

上陸場所の羊蹄大橋の広い河原、ラフトコースの終点です。

DSC_3414

DSC_3413

仁木町のIさんの山荘へに到着。
元勤め先の先輩で、退職後、千葉から札幌に移り住んで8年目になります。
築26年の素敵なログハウス、昨年に引き続きお世話になります。

DSC_3418

 DSC_3417

築26年とは思えないくらい内装が綺麗です。
DSC_3451

DSC_3452

さて、本日のアクティビティその1は山菜採りで、蕨と山独活を。
DSC_3416

アクティビティその2は小鳥の巣箱の作り、夏休みの宿題気分です。
DSC_3419
先ず先ずの出来
DSC_3420
山荘の白樺林に設置、小鳥が気に入ってくれると良いですね。
DSC_3423
DSC_3424

アクティビティその3はヤマベ(やまめ)の新子(昨年秋に生まれた子供)釣り。
道路脇の小川のちょっとした落ち込みです。
1529216707643
釣果、新子は相方、新子でないヤマベはI師匠で、
DSC_3426

山荘の贅沢な露天風呂、笑ってしまうくらい立派です。
掃除と給湯で準備は数時間、これも贅沢ですね。
ゆっくりと温まりました。
DSC_3421

ログハウスのテラスでゆっくりと夕食。
ヤマベの新子と山独活の天婦羅、味噌胡瓜と漬物。
新子の天婦羅はほくほくして身の旨味と腸のほろ苦さが絶品、香り高い山独活は山菜の王様です。
DSC_3429
旬の小樽産の大蝦蛄、食べでがあって時間も掛かって美味しく、酒の肴にぴったりです。
DSC_3430
生ラムと野菜の炭火焼き。
玉葱のホイル蒸しが最高、もう1追加しました。
DSC_3432
ヤナギノマイのアクアパッツァ、なかなかの出来、身とスープを残して〆のスパゲッティにしました。
DSC_3433
部屋に戻って、一杯。
DSC_3438

盛り沢山でとても楽しい一日となりました。

北への旅の第5日目、今日は終日、東大沼公園に滞在です。

4時過ぎに起きて、スープとクラッカーを食べて、早朝パドリングへ。
大沼の西部と東部の多島地帯を巡る予定。
曇りがちに少し青空が覗く空模様で、駒ケ岳も特徴的な頂きが雲に隠れています。
DSC_3357
西部の多島地帯、小沼に続くところで、大沼の一番の観光スポットです。
DSC_3358
沢山の小島と複雑な入り江を巡りますが、スマホのY!MAPの航空写真を頼りにして漕いでいきます。
DSC_3359
DSC_3362
上陸できる小島で休憩。
DSC_3363
DSC_3364
多島地帯は遊歩道と橋が整備されていて、何度も橋を潜ります。
DSC_3366
ヒツジクサでしょうか。
DSC_3368
これはコウホネですね、蕾が沢山出ていましたが、見頃は1週間から2週間後くらいでしょうか。
DSC_3369
黄菖蒲みたいな?
DSC_3373
DSC_3377
行けると思ったら、通り抜けられない水路
DSC_3378
東部の多島地帯
DSC_3380
青空が広がってきました。
DSC_3384
DSC_3382
DSC_3383
帰着する頃には、素晴らしい天気になりました。
DSC_3387
沢山の島と複雑な入江、なかなか面白いパドリング、漕行距離:11.1km、朝食前の結構な朝練となりました。


今日の朝食は、[玄米+十穀米+もち麦]と摺り身汁、程好い運動の後、美味しく頂きました。
DSC_3389
ご馳走様でした。

手作りカヌーの進水式だそうです。
木目の美しいカナディアンカヌー、皆さん少しお年を召した方々で、優雅ですね。
DSC_3390

午前中は、相方はアルブレイズK号で6km先の郵便局へ、私はblog打ちやFBへの投稿など宿題を。
DSC_3391
お昼は、乾麺のそばで牛筋大根そば。
DSC_3392

今日の温泉入浴は、キャンプ場から20分ぐらいの「駒ヶ嶺温泉ちゃっぷ林館」(430円)。
源泉掛け流しと循環の組み合わせですが、立派な施設で、ゆっくりと温まりました。
DSC_3394

駒ヶ岳が赤く染まる夕焼けを期待して、出艇しましたが雲が出てしまい残念。
DSC_3396
DSC_3397
DSC_3401
DSC_3403
2日間で3回の出艇、堪能しました。
北海道での良い天気率は、今のところ2/2で100%です。

タープを畳んで、ワイルドカード号をプレアデス号のキャリアに載せて、移動準備完了です。
明日は仁木町へ向かいます。

青森港フェリー乗り場(07:40)⇒函館フェリーターミナル(11:45)⇒七飯(13:00)⇒東大沼公園(14:00)
北への旅第4日目(6月14日)
今日は津軽海峡フェリーで青森⇒函館と渡道します。
海割ドライブで14,800円(通常料金18,500円)とお得です。
OYさんにお見送り頂くことに、恐縮の限りです。
DSC_3305
函館山が見えてきました。
DSC_3308
函館に到着、今年の2月以来、4ヶ月振りです。
DSC_3312

イオン、釣り具店2軒で買い物して、大沼公園方面へ。
今年の3月23日に開業した道の駅なないろ・ななえに寄り道しました。
函館周辺でP泊できる所が少なく、重宝するかもしれません。
DSC_3315
DSC_3316

お昼に、ラッキーピエロ峠下総本店へ。
いつの間にかこの店を素通り出来なくなってしまいました(^^;
DSC_3325
DSC_3324
毎回頼む、チャイニーズ千キンバーガーセット(650円)
DSC_3321
セットのラッピポテト、フライドポテトにホワイトソースとデミグラスソースが掛かった恐ろしい食べ物です。
DSC_3322
もう品は毎回異なったものを頼みますが、今回はカツ丼(490円)。
なかなか本格的で、ボリュームをあります。
DSC_3323
少々、食べ過ぎ。
東大沼キャンプ場に着いたら、体を動かしましょう。
ご馳走様でした。

駒ケ岳が見えてきました。
DSC_3329

14時頃、東大沼キャンプ場に到着。
贔屓のキャンプ場、18年前に初めて訪れた時、素晴らしい環境と設備(当時珍しかった人感センサー照明・換気が付いたトイレ)、毎日の清掃、それで無料、感動しました。
湖畔だけでなく、巨木の林間も美しいです。
DSC_3330
荷物は台車で。
DSC_3331
湖畔にタープを張って、ワイルドカード号を組み立て準備完了。
DSC_3332
立派な炊事場
DSC_3333
これまた立派なトイレ。
DSC_3334
18年前と全く変わっていません。

今日の温泉は、車で5分の「留の湯」へ。
2年前に訪れた時は、相当年期の入った旅館だっだのですが、昨年リ二ューアルしてすっかり明るくなっていました。
DSC_3336
浴室の写真はNETから拝借
20170818_001
単純温泉(中性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:47/42a・無色透明・無臭・無味・サラスベ・温泉旅館系。
2年前の古い浴室、私はこの方が好みです。
5ee1ba29

キャンプ場に戻りました。
大分陽が傾いています。
DSC_3340
DSC_3341
軽く夕暮れパドリングへ。
DSC_3342
DSC_3343
駒ケ岳の頂きに雲が居座って、特徴的な山容を見ることが出来ませんでした。
DSC_3344
DSC_3345
DSC_3348

先ずはビールで乾杯。
DSC_3350
キャンプ場らしく炭火焼き、サフォーククロスラム、手羽先、コマイ、玉葱とミズダコのブツ。
DSC_3352
綺麗な夕焼け、北海道第1日目は良い天気に恵まれました。
DSC_3353
DSC_3355
明日は終日、東大沼公園に滞在です。


酒田市(06:15)⇒道の駅はちもり(10:45)⇒鰺ヶ沢(12:30)⇒青森港フェリー乗り場(16:00)

北への旅第3日目
雨が降ったり止んだりの中を山形県酒田から青森県青森市のフェリー乗り場まで、移動するだけの一日です。
・道の駅はちもりの「お殿水」で水汲み
DSC_3284
DSC_3280
DSC_3282

・横殴りの雨の中の千畳敷
DSC_3285
DSC_3286

・鰺ヶ沢のきくや商店のイカ焼き
DSC_3288
肉厚で焼き目が香ばしいスルメイカの一夜干し(500円)、なかなか美味しいです。
それにしても長引くスルメイカの不漁、大変ですね。
DSC_3289
「わさお」です。
なかなか愛嬌がありますね。
DSC_3292
奥様かと思ったら、娘さんでした。
奥様はシャイで、ずっと自分の小屋に隠っているそうです。
DSC_3293

・弘前の百沢温泉(300円)、「まっとうな温泉(東日本版)」で無料入浴、通常料金の300円が無料となって、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は9,120円となりました。
DSC_3299
浴室の写真はNETから拝借
42a4f113d2ab7cbda6f6f586ab00c49d
ナトリウム/マグネシウム/カルシウム-塩化物/炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯船:46/44・緑褐色微濁・無臭・渋甘ダシ・サラスベ・立ち寄り湯系。
濃くて、きりっと熱くて、そうそう浸かっていられないられないのですが、好みです。
気に入りました。

青森のフェリー乗り場で、青森在住のキャンピングカー倶楽部のOYさんご夫妻と持ち寄り料理の宴会。
旅・釣り・カヤックの話、海の幸山の幸の美味しい料理、お酒をたっぷり、と堪能しました。
毎度のことながら、全くの写真撮り忘れです(^^;
(この写真は、釣り道具を撮ったもので、背景に宴会の様子が少し映っています
7月に北海道で川下りをご一緒する計画、楽しみです。
有り難うございました。
DSC_3301
明日はいよいよ青森⇒函館で渡道です。

道の駅たかはた(08:15)⇒道の駅おおえ(12:45)⇒酒田市(16:45)

北への旅第2日目
今日は高畠町・南陽市辺りでゆっくりして、その後、移動して酒田で外飲みの予定です。

先ずは道の駅の近くの高畠石の石切場跡の瓜破石庭公園
DSC_3219
大谷石と同じ凝灰岩ですね。
DSC_3220
DSC_3221
トンネルを通って抜けると。
DSC_3224
なかなか見事な石切場です。
DSC_3229
DSC_3232
近隣の建材として広く使われ、今でも採石しているそうです。

高畠町市街ポタリングへ
DSC_3234
高畠石の猫
DSC_3236
高畑石の大日如来に沢山の履き物の奉納
DSC_3238
DSC_3237
旧高畠駅の高畠石造りの素敵な駅舎。
DSC_3244
DSC_3240
DSC_3241
DSC_3243
桜並木の遊歩道が続いています。
DSC_3248
JR高畠駅、温泉施設が併設されたユニークな駅です。
DSC_3250
ポタリングの途中、とあるご当地フード探し・・・、直売所が休業日で、ヨークベニマルでやっと購入。
たいようパン㈱の「ベタチョコ」、コッペパンを切って開いてチョコをたっぷり塗ったものです。
オーソドックスなチョコとプリンとブルーハワイ、素朴で見た目通りの美味しいです。
DSC_3252
_20180612_221139
1529032179382
1529032184456
本日走行距離:12.9km
累計走行距離:4,588km
13kmの程好い運動になりました。

道の駅おおえで山形県在住のキャンピングカー倶楽部のSさんと待ち合わせて、暫し歓談。
山形県を旅する時は何時も様々な情報を頂いて今年の1月に同じくここで初めてお会いしましたが、今回も色々とお心遣い頂きました。
差し入れのサクランボの「紅ゆたか」、佐藤錦より美味しいとSさん。
DSC_3255
早速頂くと、甘酸のバランスが良く、サクランボの味も濃くて、何しろぱりっとした歯応えが秀逸です。
Sさんのご親戚のサクランボ農園の当日朝採り物とのこと。
こんなに美味しいサクランボは生まれて初めてです。
有り難うございました。

今日の温泉は舟唄温泉テルメ柏陵健康温泉館(300円)、ここもSさんに教えて貰った施設です。
DSC_3256
浴室の写真はNETから拝借。
E2899729-F89C-4AD4-B758-021B9D170B41
含硫黄-ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:?/44and41・無色透明・硫化水素臭・強塩っぱ強苦渋ダシ・サラスベ・レトロ立ち寄り湯系。
とても個性の強い泉質で、湯あたりしそうなぐらい温まります。

酒田市に到着して日和山公園の駐車場に停めて、外飲みへ。
DSC_3257
DSC_3258
DSC_3260
「久村の酒場」、2016年の8月に同じく外飲みで訪れて、また是非にとの再訪です。
DSC_3278
そんなこともあって、気合いを入れて飲んでしまいました。
ビールと口開けの一杯
DSC_3261
槍烏賊刺身、名物のセット(烏賊ゲソと厚揚げの焼き物、写真撮り忘れ)
DSC_3263
純米吟醸から純米大吟醸まで、もっきりで600円~850円と安くて、次々に頼みます。
何れも香り高く、日本酒らしいどっしりとした旨味が強く、外れ無しの好みど真ん中です。
DSC_3264
すす竹とコシアブラの天婦羅、絶品
DSC_3265
茄子の一本漬け
DSC_3268
DSC_3270
こんな肴も
DSC_3271
食事代わりの焼きお握り
DSC_3275
DSC_3272
上がり代わりのオキギスの擂り身汁、前も頼みました。
DSC_3276
沢山飲んで、食べて、ご馳走様でした。
古い酒屋が営む居酒屋、素晴らしい日本酒、肴も美味しいし、店構えから店内の佇まいまでとても良い雰囲気、名店中の名店です。

北への旅第1日目。
台風が接近しつつあるなか、北への旅に出発。
最近北への道の定番になりつつある取手⇒那須⇒塩原⇒南会津⇒米沢ルートで北上。
お昼は芦ノ牧温泉の「うえんで食堂」で会津ラーメン(2週間前はご近所の「牛乳屋食堂」で同じようなお昼を食べています)。
醤油ラーメン(手打ち中華麺、650円):醤油が立った端麗なスープに極太ねじねじ麺、山塩ラーメン(普通麺、700円):山塩の優しい味わいのスープにつるんとした中太麺、チャーシュー丼(300円)、美味しいですね。
DSC_3191
DSC_3188
DSC_3189
DSC_3190
ご馳走様でした。

当初は喜多方辺りでP泊の予定でしたが、ず~と雨降りで何処にも寄らずに走り続けた結果、喜多方には昼過ぎ到着で、峠を越えて山形まで行くことに。
その前に会津若松市の「光農園」に寄りました、お目当ての馬刺しを購入。
DSC_3193
DSC_3192

本日の温泉入浴は小野川温泉(200円)、ここは2度目でお気に入りです。
(外観写真は撮り忘れ)
DSC_3199
DSC_3195
DSC_3196
DSC_3198
DSC_3200
含硫黄-ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)・無加熱加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温80.3湯舟43・無色微濁湯の華多し・硫黄臭・塩味ダシ味・サラスベ・正統派共同浴場系。
キリっと熱い湯で、脱衣場浴室一体型の正統派共同浴場、好みです。
そして小野川温泉のお楽しみの「温泉卵作り」、75℃くらいなので30分、入浴している間の30分浸けました。
出来上がりはどうでしょうかね?

小野川温泉には小規模ですが田圃アートがあります。
DSC_3202
DSC_3203
植えたばかりでまだまだですね。
後1ケ月もすれば良くなるでしょう。
DSC_3204

赤湯で一升瓶ワインを購入。
DSC_3205
DSC_3206

本日のP泊地の道の駅たかはたに夕方到着。
静かです。
DSC_3207
付近を散策
DSC_3209
DSC_3210
DSC_3211
DSC_3212

DSC_3215

夕食は、馬刺し、鰹の叩きの切り落とし、自家製温泉卵、擂り身焼き(写真無し)、玉葱スライス。
馬刺しはたっぷりの100g、堪能しました。
小野川温泉の温泉卵、黄身がねっとりと固まるくらいの丁度良い出来上がり、美味しいです。
DSC_3216

DSC_3217
ご馳走様でした。
本日の走行距離:332km

長女、相方、私の3人で埼玉県幸手市の権現堂あじさいまつりへ行きました。
2014年、2015年、2017年と訪れて、今年で4回目ですね。

朝食はキャノンの正門の横の「trois fleches」(トロアフレーシュ)で朝食です。
92bea403
サービスのコーヒーと一緒に頂きます。
何時もながら美味しいですね。
DSC_3140
ご馳走様でした。

権現堂あじさいまつりの会場
DSC_3141
一面アナベルの斜面、咲き始めで緑色ですが、後一週間もすれば真っ白になって壮観になります。
DSC_3142
DSC_3143
茶屋の傍の花の名前が明示されている鉢植えの紫陽花。
DSC_3144
DSC_3145
DSC_3146
DSC_3147
紫陽花はあと1週間くらいで見頃になりますね。
気になって調べると、2014年は6月15日、2015年と2017年は6月9日と結構早く来ているんですね。
blogを読み返すと2015年と2017年の記事では1週間早かったという表現があります。
今年も少し早いのですが、昨年同様に花付きが少なく、寂しい印象が・・・、去年も今年も櫻を始め春の花の咲き方が何かおかしいような気がします。
とはいっても紫陽花の色の微妙さ、一株の中でも変化があって、見飽きすることがありません。
櫻は別格として、紫陽花の花見も独特な風情があって好みです。
櫻は青空が似合いますが、紫陽花は曇り空と小雨が似合います。
DSC_3148
DSC_3150
DSC_3152
DSC_3153
DSC_3157
DSC_3160
DSC_3161
DSC_3163
DSC_3164
DSC_3165

近くの久喜市で「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」が開催されており、ついでに見物へ。
DSC_3167
「あやめ」ではなく「花菖蒲」、まあ良いのでしょうね
DSC_3170
DSC_3169
あやめ園(花菖蒲園?)の傍にラベンダー畑があって、咲き始めで良い香りが漂っていました。
DSC_3172
DSC_3171
お昼は近くの「彩め庵」でうどんを頂きました。
今日は昨日の猛暑とうって変わって肌寒い陽気、暖かいうどん、美味しく頂きました。
DSC_3174
DSC_3175
DSC_3176
DSC_3177
ご馳走様でした。

長女に教えられた、サントリーのジンジャー炭酸の「Craft 南アルプス SPARKLING 無糖ジンジャー」。
強炭酸にこれまた強めのジンジャーで無糖、これは美味しいですね。
すっきりして、なかなか刺激的で、眠気覚ましになかなか良いです。
よく見るとレベルに「本商品は㈱スノーピークと共同開発しています」との表記が・・・、成程と思った次第です。
DSC_3179
DSC_3180

明日は、北への旅の出発です。

ウェラブルカメラをヘルメットに装着するためのアタッチメントを購入しました。
Panasonic ウェラブルカメラ用 マルチマウントVW-MKA1-Kです。
ウェアラブルカメラのオリジナルの装着具(ヘッドセット)は、ホワイトウォーターのように動きの激しい場合はズレ易く、気になって居たのですが、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」さんが、ヘルメットの頭頂に上手い具合に取り付けているのを見て、真似することにしました。
カメラを装着して撮影すれば判り易かったですね。
DSC_3183
DSC_3181

以前に道の駅こもちで購入した蒟蒻粉で蒟蒻を作ってみました。
生芋蒟蒻から作るのは、手に入れ難さ、手間で、前々から蒟蒻粉で作ってみたいと考えていました。
レシピ通りに作ったのですが、やわやわで辛うじて固まったといった具合。
再度挑戦して上手く出来れば詳細を投稿します。
やわやわでしたが、改めて茹でると固まって、夕食におでんにして食べることができました。
DSC_3129
DSC_3131

夕方、長女が来宅して、3人で食事会。
長女のお土産の「来福 愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分」。
来福は茨城県西の筑西市の造り酒屋で、我が家の大贔屓、よく飲みますがこんな高級な銘柄は見たこともありません。
楽しみです。
DSC_3132

本日の夕食、槍烏賊の筒焼き、目鉢鮪の刺身、摘まみ数種
DSC_3134
来福  愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分、素晴らしい吟醸香、甘酸のバランスが良く、どっしりとした旨味、とても美味しいです。
DSC_3135
本日のメインディッシュの冷製おでん、とまと、半熟卵、手羽先、牛筋、じゃこ天、ひら天、蒟蒻、大根、薬味の茗荷と大葉。
DSC_3136
冷製おでん、とても良い出来、美味しかったです。
自分で作った料理は、途中何度も味見をするので飽きたりして、美味しくても感動が無いのですが、おでんは別ですね。
冷製おでんは熱いうちに味見して、冷たい状態で初めてロにするので、尚更です。
DSC_3138
ご馳走様でした。

旅に出ている間の植栽の自動散水のシステムをセットしました。
毎日、17:00~、2分にセット。
DSC_3115
駐車スペースとrabbit庭↑の縁のハツユキカズラにノズル4本。
下に這うようにしたいのですが、お出掛け中は夏場の水分不足でなかなか思うように育たないので、セットしてみました。
DSC_3116
ノズル、2分間で2~3Lくらい出ます。
DSC_3117
玄関横の同じくハツユキカズラの鉢植え。
DSC_3118
玄関横の風知草、亡くなった父から譲り受けて唯一残った草花で、このために自動散水システムを購入しました。
DSC_3119
DSC_3120

2本のタイサンボクの新芽を摘みました。
ビフォー
DSC_3125
DSC_3126
アフター、ですがほとんど見た目が変わりませんね。
DSC_3127
DSC_3128

プレアデス号の荷物積み、カヤック2台(ファルト&ダッキー)とパドリング用品、キャンプ用品、釣り道具、衣類と日用品、自転車2台・・・、と積載率85%くらいになりました。
ちょっと積み方を変えると入らなくなるレベルです。
明後日に調味料と食料を積み込めば終了です。

このページのトップヘ